任意整理を始めた、子供2人ありのシングルマザーです。早く人間になりたい!パチスロ依存の克服と楽しく明るく節約を楽しみ、ゆとりある暮らしを目指します!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何故か和やかなモト亭主との電話・・・1
2006年11月10日 (金) | 編集 |
離婚したのが、丁度6年前でしょうか?性格の不一致というのが原因でありまして・・・たとえばですね

「ねね、家族でカラオケいこ~じぇ~!!」
「あ・・・どうぞ行ってきてください^^ ボクは留守番してますよ^^」
(と、小説を読んでいる・・・モト亭主)

「ねね、ボーリングいかない?」
「う~ん・・・留守番してるから、行ってきていいですよ。ご飯も適当にしときますから」(と、小説を読んでいる・・・そして、ホントに適当にパンだけを食っている)
よって、家族で遊んで外食でもして楽しもうと思っていても・・・ダンナがパンだけ食っているのに、自分たちだけ外食できない遠慮で、家に早々に帰る・・・orz

「今日さ~子供の学校でさ○×※●・・・!!」
「そうですか^^」
「・・・」(ソレだけかよ・・・)

「パート先でさ!社員の人がね○×※●!!ムカつくわ!!」
「それなら、辞めたらどうですか?^^」
「・・・」(それだけかよ・・・)

そして日曜日・・・
「子供と遊んでやってよ」(マンションの真ん前は公園である)
「うん」
そして1時間もたたないウチに
「ただいま~!^^」
「・・・」(遊んできたのかよ?)
子供「お菓子かってもらった~^^」(お菓子を買いにいっただけであった)
モト亭主・・・本を読んでいる・・・。
毎週である・・・。

あまりにおハナシにならないので、20代の頃はブチキレて「もっと話をきいてよ!!」と詰め寄ったことがあった。主人は「すみませんでした。これから気をつけます・・・;;」と言ったが、変わらなかった。
そのうちに、私は話をしなくなった。
私に興味がないんだな・・・と思った。
ダンナはマジメを絵に描いたような人であった。自宅近くの駅に着くと必ず「今駅です。今から家に帰ります」と電話をいれてくる・・・かかさずだ。高校も県内一の高校を卒業し大学も首席で卒業したエリートであった。しかし交友関係はほとんど無く、自宅に友人を招いたことや、友人と遊びに行ったことは皆無である。

私には学生時代からの友人に、子供の学校関係の友人・・・交友関係は広く、特に子供の幼稚園などで知り合った友人とは、子供を連れての外出によく誘われた。ところが、主人が全く出かけない人なので、自分ばかり子供と遊んでいるというのに気がひけて、お誘いの半分はお断りしていた。

「なんでやねん・・・」

趣味は磯釣りと、まれにパチンコに行く。
小遣いは月に3万程度しか渡していなかったし、それでも結婚して一度たりとも「足りないから、もっとください」と言ったことがなかった。出張や、たまの職場の飲み会の時には本人はいらないというのだが、後輩におごることもあるだろうと、私は主人の財布に1、2万のお金を黙っていれていた。

けれど、それは必ず返って来た。

私よりも10歳年上の人であったが、結婚式に友人を呼ぶとき、主人の友人が2人しかいないので、私の友人もたった2人に絞った・・・。

いわゆる、イイとこの坊ちゃん風の主人でありました。言葉使いは家でも敬語である。

先にお風呂頂きました。
○○したらどうですか?

最初のウチは、一生懸命そういうダンナに合わせて家事も子育てもキッチリキッチリとこなしていた。手を抜けなかった。私がアバウトな性格なのに、主人はまじめなA型であり、たとえばモノが曲がっておいてあると、キッチリと直して歩く・・・。アイロンかけなきゃ!と思っていると、もう自分でかけている・・・orz
私は私の中で、主婦として失格といわれているような気がしてならなくなった。

主人が帰ってくる時間が近くなると緊張し始めた・・・ご飯の支度が間に合わない!お風呂が炊けていない!洗濯はたたんだけれど、しまえていない!などなどと、バタバタとアタフタとする毎日。

幼稚園や幼児のいる時代、子育ての忙しさとマイホーム欲しさで深夜のファミレスでバイトをしていた。結構疲れていた。でも、手を抜けなかったし、息も抜けなかった。

ホントに疲れた。

離婚したいと母親や友人に相談したとき、みなが口を揃えていった・・・「アンタがマジメすぎる・・・。相手はなんとも思っていないよ。ダンナさんは一人で家にいてなんとも思っていないんだから、子供と遊びにいけばいいし。自分も好きなことをすればいい。それに、もっと手を抜いても全然イイじゃないか?」と。

しかし、どうしてもソレができなかった。
なんだか、すっごくズボラでアバウトな性格のクセに、ダンナといるとアバウトでいられない・・・。「あはは~まだご飯の支度できてな~い!!どっか食べにいこ~よ~」と言えないのである・・・。

多分、そういえばダンナは「いいですよ^^」と言ったのであろう。でも、若かった私には主婦として妻としての、ちっぽけなプライドがあったのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
不動産・住まい
不動産・住まいを探すなら http://www.karakustr.com/200163/
2008/09/21(Sun) 03:53 | URL  |  #-[ 編集]
婚約指輪(エンゲージリング)
婚約指輪(エンゲージリング)を探すなら http://www.hvrdesigns.com/216129/206952/
2008/09/20(Sat) 17:00 | URL  |  #-[ 編集]
お願いします。
ブログのプロフィールだけ

読んでください。

貴方にお伝えしたい事
2006/11/12(Sun) 23:57 | URL  | まさらっぷ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。