任意整理を始めた、子供2人ありのシングルマザーです。早く人間になりたい!パチスロ依存の克服と楽しく明るく節約を楽しみ、ゆとりある暮らしを目指します!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんで、予約で一杯なのだ?!弁護士事務所
2006年10月26日 (木) | 編集 |
一昨日の夜、ほとんど眠れない状態で朝を迎え、昨日25日給料日を迎えました。9時半になったので早速その弁護士事務所に電話をしてみることに。電話すると「○○弁護士事務所です。ただいま外出しております。御用の方は・・・」とメッセージが流れる。

(;’д’)おい、いないのか????
焦る私!もう思い立ったらスグ行動しないと気がすまないんですね。そんなことも考えて、他の弁護士事務所もメモっておきましたよっと^^b

いいよ、違うとこかけるから!と電話をかける。
お姉さん「どういったご相談ですか?」
私「あの・・・債務整理なんですが」
お姉さん「はい、今一番早いご相談日時では11月2日ですね^^」

w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
ちょ、あと1週間も先?!イヤダイヤダ!>< それまでこんな悶々とした生活しているなんて。

私「そうですか^^ それでは相談してみますので(って、誰に?)またご連絡致します」と切る。

用意周到な私は、別の事務所にもかける。
「ご予約は11月3日の午後4時にあいております」
!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?
さっきより日にちが延びてるじゃん;;

もうガックリと電話の前で立ち尽くし、タバコをふかす。
ダメなのか・・・。
そんなに先まで一杯って・・・そんなに沢山債務整理の人がいるの?!!

ダメもとだけど・・・最初の弁護士事務所にもう一度かけてみよう。

そして電話
「はい、○○弁護士事務所です」
キタ━━━━\(T▽T)/━━━━ !!!!! ;;
なにやら若目な男性の声。

「あの債務整理についてご相談したいのですが・・・」
「はい、ご相談はご本人様でしょうか?」
「はい、私です。」
「金額はおいくらくらいですか?」
「あの、おおよそ310万円です。」
「消費者金融からは?」
「6社で260万です。残り50万は、クレジットカードです」
「そうですか。それなら一度ご相談においでいただくと良いかと思いますが、いつ頃こられますか?」

「あの、今日はダメでしょうか?」(ああ、神様ありがとう!!行く行く!すぐ行きますよ;;)
「えっと、それでは11時にお越しいただけますか?」
「はい!!11時に伺います」
「それでは、カード全てと関係している明細などありましたら全部と印鑑をお持ちください。」
「判りました。よろしくお願いします」

電話を切って時計をみると10時!約束まで1時間だ。
まだパジャマのままだった;; 着替えてメイクしなきゃ!!とバタバタしていると、仕事関係の人からの電話。コノ人、50代前半のおじさんなんだけど、実は事業に失敗して自己破産し、やっと5年たったというお方。

なので、言いました。これから弁護士事務所いってくるわ^^;
え?!なんで?!!!どした?
いあ~、、、もうね、限界で^^;

おいおい!子供の進学も控えてるのに、破産とか整理とかしたら、公的資金も借りれなくなるぞ?
いあいあ、もう消費者金融のカードあるだけで、貸してくれないらしいです;; なので思い切って法的手続きを・・・。
親に借りれないの?なんとかならないの? と、色々と心配してくれましたが、親から借りれるのならこんなことになっていません;;

いあ、とにかく行ってくるから^^;

げ@@ もう10時半じゃん!
車は処分してるし、自転車じゃ間に合わない。バスか!!ってすぐに来ればいいけど;;

と家を飛び出る。
大通りに出ると、目の前をバスが・・マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!と去っていく orz

いあもうタクシーか?!いくらかかるんだろう?任意整理だ破産だ!と言っている人間がタクシーなんてセレブな乗り物に乗っても良いのだろうか?と、躊躇する。

しかし、躊躇しているヒマなどないのだ。タクシーを捜すが、なかなか来ないし、来たと思っても人が乗っている;;

残り15分!

やっときた!と思ったら反対車線を走っていた。しかしもう時間がないので、思い切り道路に飛び出し「ココよ!ココですからっ!!ハイ!」とアピールした甲斐があって、止まってくれた。

駅前までお願いします!!やっとホッとして乗り込む。

ああ、雨が降ってきた・・・傘もってこなかったな。
なんか、全部洗い流して欲しい。ほんと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私もです。今まで任意整理を何ヶ月も考えていましたが、なんというか、弁護士さんのお世話になるということが後ろめたいというか・・・犯罪者に近いという心理がありました。

サラ金からお金を借りているだけでも、かなり世間的に後ろめたい自分がいたので、余計に踏み切れませんでした。

けれど、いよいよ限界だと思った時は、事務所に伺う手はずを整えるまで、PCと電話の前でウロウロしていました。
事務所を午後に出てから初めて、朝から何も食べていないことに気が付きました^^;
2006/10/28(Sat) 21:15 | URL  | あんず #-[ 編集]
迷いました。
司法書士か弁護士か…。
料金はどうか…。債務整理に力を入れて実績あるか?なにしろ、親身に動いてくれるか?3事務所に電話相談をし、1社に伺い、決めました。その間、他のことが手に付かない位でした。
2006/10/28(Sat) 12:21 | URL  | ライム #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。