任意整理を始めた、子供2人ありのシングルマザーです。早く人間になりたい!パチスロ依存の克服と楽しく明るく節約を楽しみ、ゆとりある暮らしを目指します!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドデカザウルスって・・・なに?!@@
2006年10月28日 (土) | 編集 |
さて、私が50万限度額のカードを使いきるまでに、そう時間はかかりませんでした。当時は、純粋に生活費と教育費などに使っていました。それでも、毎月2万程度を返済すれば終りは見える・・・と思い込んでいました。

子供が2人中学生になって、塾に行かせる時期になっていました。実家の両親からも「将来を考えたら、今からお金をかけておいたほうがいい。大学に入るのに2年も3年も浪人されるようになるくらいなら・・・」などと言われ、さらに子供の友達もみんな塾に行くようになりました。

家計的には、とても無理がありました。2人合わせると、塾代だけで月に5万以上かかりました。入学するのに20万。やれ暖房費だ、冷房費だ。夏や冬の講習は、毎月の授業料+講習代で、子供一人につき6万ほどになりました。もう、給料だけでは無理です。

借りるアテもありません。バカな母親は、離婚して片親になったという子供に対する後ろめたさと可哀想という気持ちで、また消費者金融から借りました。愚かだったと、今では思えます。
そして、借金が50万以上になって、そろそろ怖くなってきたころでした。昔からの友人と久しぶりに会う約束をしていたのですが、私の仕事が遅くなり、待ち時間をパチンコで潰していたようです。

友人とは男性だったのですが、私が「今仕事終わったけど、どこいけばいい?」とメールをしたところ「あんずの家の近くのパチンコ屋にいるんだけどさ、すごい出てるから、こないか?」とメールが来ました。

それまでパチンコは大嫌い・・・というか、パチンコ屋は女性の行くところではない!と思っていました。離婚した元主人がたまにパチンコに行って来ると出かけていましたが、帰宅していくら負けた・・・のようなコトを言うときには、「バカじゃないの?もったいない!!」と言っていたくらいです。

いつも買物に行くスーパーの途中にあるのに、そこにパチンコ屋があるということすら、覚えていないほど、今までの生活とは無縁でした。

まぁ、見に行くだけ行ってみるか・・・と、そのパチンコ屋に出向きました。タバコの煙で臭い上に、ギャンギャンと音楽とジャラジャラという玉の騒音が耳に痛く、ひどく居心地の悪い気分でした。

店内をウロウロと探すと、彼はいました。彼の後ろには、箱に沢山の玉がはいって、6箱ほどでしたか、積まれていました。なんだこれ?と思ったのを覚えています。

友人は「なんかまだ出そうなんだよね^^」と、後ろに突っ立って眺めている私に言いました。そして、「あのさ、この隣の台もね、今おじさんが止めていったんだけど、なんかすごい賑やかだったんだよ。コレも出るんじゃないか?ちょっとやってみな」と言うのです。

私は、パチンコに千円たりとも使うのが勿体無い・・・と思って、「いあ、いいよ^^;」といいました。ところが、後ろでつったって見ていても、何もすることがありません。打ちもしないのに、隣に座るワケにもいきません。

「そんじゃ、ちょっとだけやってみようかな^^;」と、千円、2千円と打ってみました。打ち方や玉をどこに向けて打っていいのかもしりません。友人が色々教えてくれました。その台の名前は「ドデカザウルス」という台でした。

台の両脇に、ティラノザウルスのような恐竜がいます。そして、しばらく打っていると、それがガタガタと動き始めて「ギャ~~~~~~ッ!!」と叫ぶのです。私は何事かと思いましたが。液晶画面の向こうの方から、色んな恐竜が走ってきて、最後は同じ数字が3つ揃いました。

友達は「当たった!!」といいましたが、私は意味がわからないまま、賑やかな音楽に驚いていました。手をハンドルから離していたので、友人が、ずっともっていないとダメだと教えてくれました。

そして、確変と単発の意味も教えてくれたのです。その台は、それから10レンチャンしました。レンチャンした後も、すぐに当たり、結局私の後ろには、彼より多い12箱が並びました。

私は、もうなにやらわからないまま興奮していました。そして、玉を機械に流し、沢山のボールペンを貰いました。「なんだこれ?何使うんだ???」と思っていると、「こっちだよ」と言われるままに、小窓から人の手元だけ見える場所に連れて行かれました。

そして、そのボールペンの山を渡すと、引き換えに一万円札が6枚差し出されたのです・・・。

彼は、「良かったね~!でも、たまに来るくらいならイイけど、ハマらないようにしなよ。家計を使い込んで大変なことになる主婦とか多いらしいからさ」といいました。

私は、「!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!? まさか、大丈夫だよ^^; ていうか、そんな余裕ないしさ・・・」と、その時は笑って終わったのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
主婦の家計戦略
はじめまして。こんにちは!

素敵なブログですね。
更新楽しみにしています。
また遊びにきますね。
2007/05/31(Thu) 23:11 | URL  | べんべら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。